製品特徴

耐水性 強度保持率

耐水性:
アルミとアルミを接着し、水60℃の環境下で
7日間放置し、室温で強度を測定。
強度保持率は初期値÷試験後強度で算出。

耐熱性 強度保持率

耐熱性:
鉄と鉄を接着し、120℃の環境下で4時間放置し、
室温で強度を測定。
強度保持率は初期値÷試験後強度で算出。


使用用途


※常に温水・常に熱にさらされる場所(食洗機含む)、直接口に触れる部分の使用には推奨できません。
もちろん従来品と同じく、陶器や小物類の補修、各種工作・創作にも使用いただけます。

ご使用方法/使用上の注意

閉じる

ご使用方法ご使用方法
  1. 1 1

    使用するときはキャップを上に向けてそのまま回して開ける。
    キャップを下に向けて開けると液が飛び出す可能性があるので避ける。

  2. 2 2

    ノズルをよくふき、キャップを完全にしめる。

  1. 1 1

    接着面の汚れを落とし、よく乾かす。

  2. 2 2

    プッシュ部を押して、片面に少量滴下。ぬり広げずに接着面で押し広げる。

  3. 3 3

    すぐにはり合わせてしばらく押さえる。

使用上のご注意

応急処置および取扱い上の注意
目に入れないよう充分注意する。目に入ったときはすぐに洗眼し、医師の診察を受ける。無理にはがしたり、目をこすらない。
皮フの接着に注意する。皮フを接着したときは、お湯の中で時間をかけてもみほぐしながらはがすか、アロンアルフア専用リムーバー「はがし隊」を使う。
使用中および使用後は、換気をよくする。
布・裏革・ティッシュにつくと発熱し、やけどの恐れがあるので注意する。
火気厳禁。火気のある場所では使用しない。
接着部や周辺部が白くなることがあるので注意する。
取り除けないので衣服類にはつけない。
子供の手の届かないところに置き、いたずらをしないように注意する。
接着用以外には使用しない。
直射日光を避け、湿気の少ない場所に保管する。
すてるときは、容器を密封して決められたゴミの出し方にしたがって廃棄する。
接着できないもの
ポリエチレン
ポリプロピレン
シリコーン樹脂
フッ素樹脂
PET樹脂

※その他、製品によって接着できないものもございますので、詳しくは製品台紙裏面をご参照ください。

強く接着できない条件
接着面同士が密着しないとき
接着する面が小さいとき(メガネフレームなど)
メッキ面
ひび割れ、溶けることあり
アクリル
ポリカーボネート
ポリスチレン
その他注意事項

※口に入れる用途には使用しないでください。
※貴金属・高価格品には使用しないでください。
※難接着プラスチックの接着には、アロンアルフア「プラスチック用」をご使用ください。
※ガラスは接着後の時間経過で剥れることがあります。
※革、布、紙はうまくつかなかったり、硬くなって風合いを損なうことがあります。

閉じる