ページの先頭です。
ページ内移動用のリンクです。

解決!サポートQ&A

付けたい

うまく接着するコツはあるの?

まずは、接着面の汚れを良く落としましょう。
手の油などの汚れが付いていると、接着しにくくなります。
一度接着後剥離した面を再接着するときは、接着硬化物をはがし隊を使うなどして取り除きましょう。

すき間や凸凹をできるだけ無くしましょう。
すき間が大きいと、接着しにくくなります。可能であれば、すき間ができないように接着面をサンドペーパーなどで削りましょう。
どうしてもすき間ができてしまう場合は、スーパーセットスーパーゼリーの使用をお勧めいたします。

接着剤を付けすぎないようにしましょう。
接着剤を付けすぎると接着しにくくなるほか、はみ出した接着剤により周りが白化するおそれがあります。
最適量は、5mg/cm2程度です。「1滴で10円玉の面積」が目安となります。

薄く広げず、そのまま張り合わせましょう。
薄く塗り広げると、張り合わせる前に硬化が始まり期待した接着力が出ない可能性があります。
塗布したらそのまま張り合わせ、液を押し広げましょう。

寒いときは、被着物をあたためましょう。
接着温度が低いと、硬化が遅く接着しにくくなります。
屋外使用時など気温が低い場合は、被着物をあらかじめ30~50℃程度に加温しましょう。

つかない素材もあるの?

ポリエチレン、ポリプロピレンにはよくつきません。これらは水に浮くので他のプラスチックと区別ができます。
アロンアルフアの容器やノズルはポリエチレンでできているので、液が固まらずに保管ができます。
その他、フッ素樹脂、シリコン樹脂、ガラスにもよくつきません。
ただし、プラスチック用プライマーで処理をすれば基材との密着性が上がり接着することもあります。

どの程度の温度まで耐えられる?

アロンアルフアの耐熱性はおよそ80℃とそれ程高くはありません。常時熱がかかる部分の接着にはお勧めできません。また、温水では60℃くらいではがれる可能性があります。

剥がしたい

指に接着剤がついたらどうすればいい?

まずはあわてず、無理に引っ張ったりはがそうとしないで下さい。皮膚を傷めます。
40℃くらいのお湯でもむようにしてゆっくりはがして下さい。汗をかくことではがれやすくなります。
付着した硬化物は新陳代謝により2~3日で自然に取れます。
また、専用のはがし液「アロンアルフアはがし隊」を指につけてもむようにしてはがすこともできます。
あらかじめ指にハンドクリームを塗っておくと、指に接着剤がつきにくくなります。

動画ファイルをご覧になるにはAdobe Flash Playerが必要です。
Adobe Flash Playerをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。

衣類に接着剤がついたらどうすればいい?

衣類に付いた接着剤は、無理に取ろうとせず専門のクリーニング店に除去を依頼して下さい。
完全に元の状態に戻すのは困難です。
大量に衣類に染み込んだときは、急激な発熱でやけどすることがあります。

家具に接着剤がついたらどうすればいい?

専用のはがし液「アロンアルフアはがし隊」を2~3mmの厚さに塗り、3分待ってから布でふき取って下さい。
一度で取れなくても、何度かくりかえすことで徐々に取れます。
ただし、樹脂やコーティングされたものについては、表面が溶解したり剥げたりすることがあるので事前に目立たない所につけて確認して下さい。

その他

瞬間接着剤が布にしみ込むと発熱するって本当?

瞬間接着剤は布などの繊維状の材料に染み込むと急激に硬化し発熱することがあります。
これは、瞬間接着剤が毛細管現象で繊維内に染み込んで表面積が急激に大きくなるためであり、繊維内の水分で硬化反応が始まり、その後急速に硬化反応が進み場合によって白煙を上げて発熱します。
特に綿、ポリエステル系、およびアセテート系の衣類に液状の瞬間接着剤が染み込んだ場合、100℃前後まで温度が上昇することが確認されており、やけどの恐れがあります
軍手など布製の保護手袋の使用は避け、衣服に大量に染み込んだときは脱がずに大量の水で冷やして下さい。
染み込みやすい材料を接着するときはゼリー状をご使用下さい。

動画ファイルをご覧になるにはAdobe Flash Playerが必要です。
Adobe Flash Playerをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。

接着した周りが白くならないようにするには?

接着箇所の周りが白く汚れてしまうことがあります。この白化現象は、接着してはみ出た液が硬化する前に揮散し、それが基材周りの水分によって硬化することによって起こります。

この白化現象は以下の条件で起こりやすいと言えます。
・接着剤を必要以上に多くつけ、硬化が遅くなったとき
・接着物を密閉状態に保管したとき
・湿気が多いとき

周りが白くならないようにするには
・接着剤をつけすぎず、はみ出ないようにする(適量は1滴で10円玉の面積)。
・接着後は密閉せず、風通しの良い所に置く。

周りが白くなってしまったら
・乾いた布やブラシ等でこすり取る。
・はがし液「アロンアルフアはがし隊」でふき取る。樹脂を溶解する可能性があるので注意。

長く使うにはどのような保管をすればよい?

使用後はノズルについた接着剤をよく拭き取り、キャップをきちんと閉めて冷蔵庫で保管すると長持ちします。
ただし、冷蔵庫から出したときは室温に戻してから開封して下さい。容器のまわりについた水分が容器内に入ると固まりやすくなります。また、食品や目薬と間違えないよう注意願います。

目に入ったらどうすればよい?

あわてず大量の水で洗眼し、医師の手当てを受けてください。目をこすったり、はがし隊の使用は目を傷めますので絶対に避けて下さい。

口に入ったらどうすれば良い?

量が少なければすぐ固まります。あわてずに大量の水で口をすすぎ、固まった接着剤を手で取ります。
大量に入った場合、やけどのおそれがありますので水で冷やしてすぐ医師の手当てを受けて下さい。

動画ファイルをご覧になるにはAdobe Flash Playerが必要です。
Adobe Flash Playerをお持ちでない方はこちらからダウンロードしてください。
  • 解決!サポートQ&A
  • 付けたい
  • 剥がしたい
  • その他